TONE Cafe

TONE Cafe

駅から徒歩

1 min

雑居ビル2Fにクラッシックの流れるコーヒー店

高架下右手の方角、京タコ近く JR吉祥寺駅北口

吉祥寺駅近の雑居ビル、隣はパチンコ、少し奥は飲み屋とピンク街。
こんなところによくコーヒー専門店を構えたもんだと、つくづく思います。

初めて訪れたのは去年の今頃。
恐るおそる2階へあがり、店主を見たときの第一印象は「森のクマさん」。
見た目の怖さとは裏腹にとても物腰の低いクマさんなのです。

コーヒーはストレートが主で中煎り、深煎りなど様々、もちろんブレンドやデミタスまであります。
ネルを使って一杯ずつ丁寧に淹れてくれるので、時間に余裕のないときはご注意を。

ToneCafe_ドリップ中

ちっちゃなヤカンを使ってるあたり、お茶目というか何かこだわりを感じさせますね。

ToneCafe_カウンター

私のようにコーヒーに詳しくない方は、
自分の苦手な味や好みのタイプを告げれば、クマさんがチョイスしてくれるでしょう。

以前、深めで酸っぱくないものとお願いしたら「モカ」が出てきました。

ToneCafe_モカ深煎り

え~、モカって酸味を楽しむもんでないの?と思いつつ一口。
これが美味しいんです。酸味がなく飲みやすいんですよ!
焙煎や淹れ方が違うと、こんなに味の印象も変わるのか・・・と改めてコーヒーの奥深さを知りました。
以後、このお店で一番よく頼むものに・・・

コーヒーを飲みながらピアノの音を聴いていると、ここが駅前の繁華街であることを忘れてしまいます。
そう、このお店では、いつもクラッシクが流れています。
何て曲なんですか?と尋ねると、スラスラ~と曲名やら曲調やらを説明してくれるあたり、かなりお好きなよう。

 

ここはコーヒー専門店ですが、スイーツだけでなく、お酒も食事も楽しめます。

ToneCafe_ビール

よく注文するのが「しょうが焼き丼」なのですが・・・

ToneCafe_生姜焼き丼2

せ、センスなさすぎ~・・・(⌒-⌒; )
ご飯の上に申し訳程度のキャベツ、その上へ生姜焼き数枚がどん、どんドーンと。
カフェ好きの女子は間違いなくドン引きしちゃうルックス!
でもお肉は柔らかく、ご飯も自分好みの柔らか炊き。
おうちご飯で美味しいんです。

丼ものは他にもありますが、いずれもあやしい盛り付けとなっています。

ToneCafe_オムライス丼

オムライス丼

ToneCafe_そぼろ丼

そぼろ丼

もうちょっとオシャレに盛ったらいいのにと思うのですが、どうやら敢えてそうしているような気もします。
こちらのクマさんは、オシャレにしたり、有機豆使ってますと謳ったりするのが恥ずかしいようで、商売っ気がないというか、なんというか・・・(⌒-⌒; )
でも、この場所で2年も続いているのだから、これでいいのでしょうね。
ちゃんとしたものを使って丁寧に作っていれば、自然とお客さんが来るものなのかも知れません。
焙煎もレトロな方法でやっているそうです。

ToneCafe_焙煎器

これ最初何かと思っちゃいました。
1分間に回す回数にも、ちゃんと決まりがあるようで。
一定間隔で回すのってかなり難しそう・・・

そんな、お店です。

足繁く通っているわけではなく、数か月に1回くらいのペースですが
ここのコーヒーとしょうが焼き丼を食べに来て、クマさんの屈託のない笑顔に癒されています。

ToneCafe_灰皿2

Share

Favorite

No Comments

コメントをどうぞ