氷屋ぴぃす

氷屋ぴぃす

100%

駅から徒歩

5 min

食べ納め・・・じゃなかったですね

吉祥寺駅南口 吉祥寺丸井の裏、地蔵ビル内

先月、今年のかき氷はこれで食べ納めかな・・・なんて思っていたのですが
ハロウィン期間限定のかき氷を見て、その可愛さに思わずまた来てしまいました(≧▽≦)

その名もハロウィンお化けちゃん・・・

氷屋ぴぃす_ハロウィンお化け3

インスタグラムを見て限定メニューがあることを知ったんですが
これ店頭の看板にはメニューとして書かれてないんです。
このお化けちゃん目当てだったので、もしやもう終わっちゃったのか?と思いお店に入るのをためらいましたが、店内のメニューボードにはちゃんと書いてあってホッと安心。

注文すると、おもむろにかき氷を作り始める店主。
この日は空いていたので、ちょっと隠し撮りしちゃいました。

氷を掻いてはシロップをかけ、また掻いてはシロップをかけ・・・という作業。
かき氷なんて、ただ氷をかいてるだけでしょ?なんて思ったら大間違い。メニューにより細かく変えていたりするんです。
例えば、このハロウィンお化けの場合は少し氷を粗めにしているのだそうです。
なんでまたわざわざ粗く?

写真をお撮りになるお客様が多いので、溶けにくくするためなんです。」

もちろん細かくした方が舌触りも良く美味しいはず。
客が一番望んでいるものを提供する・・・
美味しいものを提供すればいいってもんじゃないんだなぁとシミジミ感じた一言でした。

肝心のお味は
まさかの「焙煎麦茶」!前回と被ってるがなぁ~( ̄Д ̄;)!!
でも、これ好きだからいいんですけど(〃⌒∇⌒)ゞ
今回はトロ~リ真っ白ホイップがかかってるし。
顔を崩しちゃうのが勿体ないな~と感じつつ眼ん玉エイっ!

パリっと・・・・してないし!?

チョコだと思っていたら羊羹でした。和ですね~。面白いです。
あ、両手はポッキーですけどね。

こちらは、かき氷専門店。
冬はどうするのか前回は聞きそびれちゃいましたが、もちろんかき氷一本でいきますとの回答でした。
こりゃあ、クリスマスバージョンが楽しみですね。
今年はまだまだ食べ納めできないようです。

今年のかき氷はこれで食べ納めかな・・・

2015.9.24
連休は天気にも恵まれいい気持ち!
ならばとずっと行きたかったこちらへ参上。

真夏のときとは違い、空いてますな~。
ソーレ ディ マッティーナ跡地の居抜きなのでカウンターのみ。
カウンターの真ん中にデーンと着席するとメニューボードをドーンと置いてくれた。

15品ほどあり目移りしちゃう。
一番の高値は1200円。

  • 貴味メロンミックス
  • マリアージュフレールの紅茶

一番安いのは自家製ミルクの600円。

今日のお薦めから
フレッシュぶどう(800円)とちょいと気になる焙煎麦茶(800円)をチョイス。

注文と同時に手回しで氷を掻いていくマスター。
使っている手動式の氷削機は池永鉄工のスワン!!
先日、世界で使われている日本の道具を紹介するテレビ番組を見たばかりなので、すぐわかっただよ。

で、運ばれてきた麦茶かき氷は
どこから食べればええの~!?と思うほどのてんこ盛り。
てっぺんには麦茶ゼリーがトッピングされてる。
麦茶シロップとミルクが添えられており、これをタラ~りたら~り・・・
可愛い店員さんより「シロップとミルクはお替り自由ですよ」と嬉しいお言葉。
思う存分かけまくっちゃおう。

麦茶かき氷1

焙煎麦茶

さてお味は・・・お~コーヒーみたい!
でも焙煎された麦茶は香りも苦味もマイルドでウマい!
固めの麦茶ゼリーの食感も楽しい。
ボロボロ落としまくりながら、いじきたなくいただきまっす。

ぶどうは
巨峰かと思っていたらマスカット。
皮つきのぶどうがトッピングされとる。シロップも葡萄のまんま。
とっても爽やかなお味。

ぶどうかき氷

フレッシュぶどうのかき氷

こちらのお店、冬でもカキ氷で通すのかな~?
聞いておくのを忘れちゃった。
でも氷を一生懸命掻いている方は噂によるとラーメン屋さんの店長さんらしいので冬はラーメンとかやってくれたりしないかなぁ~。

ハロウィーン


関連ランキング:かき氷 | 吉祥寺駅井の頭公園駅

Share

Favorite

2 Comments

  1. Avatar
    Batman 3年 ago

    Praesent dapibus, neque id cursus faucibus, tortor neque egestas augue, eu vulputate magna eros eu erat. Aliquam erat volutpat. Nam dui mi, tincidunt quis, accumsan porttitor, facilisis luctus, metus.

コメントをどうぞ