Searching for:

gram 吉祥寺店

gram_アイキャッチ用

最近、パンケーキ屋さんがオープンするという噂を続々と耳にします。いまだブームが衰えていないのか、再来なのか・・・
そのひとつがここ。大阪心斎橋から生まれ全国に30店舗を構えるパンケーキカフェがダイア街「ダルジャン」の跡地に先日オープンしました。
ダルジャンといえば、1974年創業の地元の方に愛され続けてきた老舗イタリアン。昔から吉祥寺を知っている方には3月の閉店はかなり衝撃的だったでしょう。また思い出のお店がひとつ無くなってしまったのかと・・・
長い間、新しいテナントも入らずどうなるんだろうと思っていましたが、やはり個人店ではなくチェーン店が入ってきましたね。

gram_外観

こちらの売りは何と言ってもプレミアムパンケーキ
11:00/15:00/18:00と3回に分けて、20食だけ作られる限定メニューです。
オーダーされてから焼き始めるのですが、焼ける数に限度があるためどうしてもこれ以上の提供は難しいそう。(詳細は「吉ファン」をご覧ください

もちろん狙うはプレミアムパンケーキ!
11:40に到着し意気揚々と2Fへあがると、店頭でスタッフの方から悲しいお知らせ・・・

もう完売です orz

まあ、オープンが11:30だと勘違いしていた私たちが悪い。
でも次の回まで待つ気にもなれないので、とりあえず入店することに。

gram_店内

店内はダイア街に面した方だけでなく、奥にも続いており思いの外広め。

gram_店内2

2人席に通されメニューを見ていると、プレミアムパフェなるものを発見!
こちらのパフェには何とプレミアムパンケーキが入っとるじゃないですか!
焼きたてではなくとも、どんなもんなのかを知るには十分かと。

さっそくパフェとパンケーキを2種類をオーダーし待っていると、隣の方のところへプレミアムパンケーキが運ばれてきました。
ああ、丁度自分たちの前で売り切れてしまったのね・・・
失礼かと思いつつ、食べているところをチラチラと観察してみると、直径10cmほどの分厚いパンケーキが3枚どんどんどーんと重なっていて、そのままではかなり食べづらそう。
ナイフを入れると、フワッフワだということが見ているだけで十分わかります。

そんなところへプレミアムパフェが運ばれてきました。

gram_プレミアムパフェ

むむ・・・意外に小さ目。そして盛り付けが雑っ!
これで1000円弱かぁと思いつつ、プレミアムパンケーキをほじくりだしてと。

gram_プレミアムパフェ2

でたー!ちょいと萎んじゃってるけど、まさしくプレミアムパンケーキなり。
あんぐりとひと口でパクリ。

むむ・・・スフレのようなパンのような食感。
おいしいーー!というほどでもなく、まあこんなもんかな。
パフェにはこのパンケーキピースのほかにフルーツ、バニラアイス、ヨーグルト。アッサリしていて食べやすいというか、甘党の自分には物足りないです。「パフェ」とうたうからには、もっと豪華であってほしいです。

お次に運ばれてきたのはオーソドックスなパンケーキ「クラシックアソート」。

gram_クラシックアソート

大きめパンケーキ3枚の上に、バターと生クリームがたっぷりと添えられています。
シロップは3種類用意されていて、メイプルと思っていたのは何とキャラメル・・・他はチョコにベリー。
パンケーキ大好きのカミさんの表情が曇ります。
クラッシックと呼ぶからには王道のバターとメイプルシロップで食べたかったのでしょう。

gram_クラシックアソート3

一口食べて、さらにカミさんの表情が曇ります。というより悲しげに・・・
とっても残念な味のようです。もっとも残念なのは温かくないんです。
溶けないバターをのばし期待していないシロップを付けて戴くパンケーキ、恐らくプレミアムパンケーキ優先で焼くために作り置きなんでしょうね。

意気消沈している私たちのテーブルに最後のパンケーキが運ばれてきました。

gram_サーモンとアボカドのパンケーキ2

サーモンとアボカドのパンケーキ。
こちらはクラッシクとは異なり、焦げ目がついていて食欲をそそる色味です。
こちらももちろん温かくなく、さきほどの印象が強いためかそれなりに美味しいはずなのでしょうが、
そうは感じられず、何だか冷凍のパンケーキを食べているんじゃないかというような気分で、ただただ食べ切ったという具合でした。

メニューはとっても魅力的なものばかり。
特に秋限定メニューの柿のパンケーキやきのことゴルゴンゾーラのパンケーキは興味をそそられますね。
一度食べてみたい一品ですが、このテイストだと躊躇してしまいますね。
作り置きなのは、まだスタッフが慣れていないこの時期だけと信じたいところ。

 


gram 吉祥寺店パンケーキ / 吉祥寺駅井の頭公園駅

NICE TO MEAT YOU.KODAMA

アトレ1階の食品売り場にソーセージ屋さんが今月オープンしてました。

nicetomeatyou_外観

以前はキラリナの地下フードパルクにコダマ系列のお店があったかと思いますが、フードパルクがなくなっちゃったのでアトレに引っ越してきたという感じでしょうか。
シャルキュトリーコダマではなく新しいブランドとして「シャルキュトリー」を販売しています。

シャルキュトリーって何?

シャルキュトリーとはフランス語で、生ハムやソーセージ、サラミ、パテやテリーヌなどの肉加工品ことだそうで。
この新ブランド店では、、気軽にテイクアウトできるデイリーな商品を中心に肉をメインにしたお惣菜を提供するのがコンセプトのようです。
看板メニューは「ミートパイ」。でもでも、やっぱりすぐ目がいくのは、ソーセージでしょう。

nicetomeatyou_ショーケース

見てください、このブッといソーセージを。
この太さ&長さで280円とお手頃な値段!ちょいとお味が気になるので3種類ほど買ってみました。

nicetomeatyou_ソーセージ3種

左から、バジル、ヴァイス、シポラタ。
こちらのお店では産地の言葉で商品を呼んでいるようで、ソーセージと表記されていたり、ブルスト(ドイツ語)と表記されてます。なのでヴァイスとかシポラタとか言われてもいまいち分からず首を捻っていると、店員さんがひとつひとつ説明してくれました。ヴァイスブルストは白ソーセージ、シポラタブルストは粗挽きソーセージ。

同じくアトレにあるドンクでパンを購入し、ホットドッグにしてみました。

nicetomeatyou_ホットドッグ

アゴがはずれるかと思うほどアングリ口を開けてバクリっ!
思ったよりやわらかいです!そしてジューシー。めちゃめちゃ美味っ!!
一番美味しかったのは、白ソーセージですね。
噛めばかむほどお肉の味が口の中に広がっていきます。脂の甘味もハンパねーのす。

これ、また絶対買おう。
カレー味のも気になるところ。肉肉しいのが食べたくなったら、別の味もいろいろ試してみたいです。
もちろん看板メニューのミートパイも。

スパ吉

スパ吉_アイキャッチ用

先日、ポルポで久しぶりに生パスタを食べたんですが、生パスタのモッチモチ魅力にヤラれてしまい、また食べたくなってしまいました。
吉祥寺で生パスタといえば、真っ先に思いつくのがこちらですよね。
でもね~、いつ行っても混んでて週末ともなると行列ができちゃうんです。食べるのに並ぶのが苦手なんでかな~りご無沙汰しとります。
今日は平日と言えども金曜日の夜。かなり混んでいることが予想されますが、生パスタを食べたい衝動には勝てずハーモニカ横丁へとやってまいりました。

スパ吉_看板

店先までくると、おやおや珍しく空いてます!ラッキー!
店頭ではスタッフのお兄さんが生パスタをチョキチョキしてました。
こーいうの大好き。撮ってもいいよとのことだったので、すかさず動画ボタンをポチッとな。

このリングイネのような少し平たい形状の自家製パスタが提供されるんですね~。

スパ吉_生パスタ

いつまでも店頭をウロウロしていると邪魔なのでさっそく店内の2人席へと。
いや~嬉しい限り。最近は少し人気が落ちてきたのかな?なんて思ったのも束の間、続々とお客さんが流れ込んでまいりました。
いいタイミングで入店したみたいです。

こちらのお薦めは何といっても極旨ミートソース
おいしい食べ方まで示されています。
さっそく注文してみまひょ。それにしてもスタッフの方の対応が素早くて驚きます。
忙しいはずなのにそれをあまり感じさせません。見ていて気持ちいいですね。

スパ吉_ミートソース

じゃーん!すぐに運ばれてきました。
ミートソースの上に乗っているのは追加トッピングしたモッツアレラチーズです。
ここに、さらに粉チーズをバッサバサと。
ここですぐに食べてはいけません。チーズとミートソースとパスタをよく絡めながら混ぜまぜマゼまぜ・・・

スパ吉_ミートソース2

チーズがトロりんとしてきたら食べ頃ですね。
テーブルに置いてある「おいしい食べ方」には、まずパスタとミートソースをよく混ぜてからチーズを振り掛けろと指示がありますが、自分は先にチーズを掛けてから混ぜた方が好きです。

と、ミートソースを推しているように書きましたが、実は言うほど美味しいかな~なんて感じてます(⌒-⌒; )
ミートソースより美味いと感じているのがこちら。

スパ吉_カルボナーラ清水屋のキムチのせ

カルボナーラです。
カルボナーラといえば、生クリームと卵、トッピングには卵黄というのが定番ですが、スパ吉のはちょいと変ったテイスト。
何より目を引くのが「清水屋」のキムチがトッピングされているんです。
清水屋といえば戦後からここで商売を続け今では親子三代でお店をきりもりしている漬物屋さん。最近では漬物Barなんてのも始めて人気がありますよね。
ハーモニカ横丁内のお店同士がこんな風にコラボしてくれるとお客としては2店の味を同時に楽しめてお得感があり嬉しいです。

スパ吉_スパ吉_カルボナーラ清水屋のキムチのせ2

カルボナーラにキムチ・・・一体どんな味になるんだろうって思っちゃいますが散らしてある焼きのりがいい仕事をしてるんですよ。
卵とホワイトソースだけだと濃厚すぎてオジサンには敬遠されがちですが、キムチの酸味がさっぱり感を演出してくれ食べやすく、焼きのりの香りが食欲をかきたてちゃいます。
でっかいキクラゲがボワンボワンとたっぷり入っていて食感も楽しいですね。

毎度ミートソースばかり食べて、ちょっぴり飽きてきちゃったなぁという方には絶対お薦めの一品です。
もちろん、初めてスパ吉にいらっしゃる方はミートソース食べなきゃ損ですよ~。
ちょいとオシャレに食べたい方は姉妹店の「ヒラタパスタ」がお薦めです。こちらは生パスタではありませんが、フィットチーネのような平べったいパスタがイイ感じです。

 


POLPO 吉祥寺 Seafood Market

polpo_%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81%e7%94%a82

吉祥寺秋祭りの真っ最中。セイヤっ!せいやッ!とお神輿を担ぐ威勢のいい掛け声がいたるところから。
そんな活気でいっぱいの吉祥寺に昨日グランドオープンしたのがシーフードイタリアンのポルポ。
場所は吉祥寺通り沿いの「八十八夜」が入っているビルの地下。「心」というスープカレー屋さん跡地です。
店内に入ると、テーブルや椅子は変っているものの内装は前店の居抜き。

polpo_%e5%86%85%e8%a6%b31

polpo_%e5%86%85%e8%a6%b32

店内にはキューバ音楽が流れており、ラテンの明るい雰囲気に。

polpo_%e5%86%85%e8%a6%b33

この一段下がった空間は結構好きなんですよね。
一番端っこの席を陣取ってさっそくメニューを拝見。
ランチは生パスタ4種類で勝負のようです。

  • 魚介のラグーパスタ
  • アサリとイカのトマトスープパスタ
  • ボンゴレビアンコ(+300円)
  • ペスカトーレ(+500円)

サラダビュッフェが付いて980円とお手頃価格。
店名の「ポルポ」はイタリア語で「タコ」のことなのでタコメニューがあるかと思っていましたが、特にタコを推しているわけではないようですね。
とりあえずいろんなものを食べてみようということでトマトスープ以外の3品を選んでみました。
更にドリンクがオープン記念価格の150円だったのでついでに。

polpo_ドリンク

まずはパスタが運ばれてくるまでサラダをいただきましょう!

polpo_サラダバー

6~7種類ほどでしょうか。
もう少し見栄えよくレイアウトするとウケがいいかなぁ~なんて感じました。
ドレッシングはシーザーとエンドウ豆なり。

polpo_サラダドレッシング

モシャモシャしているとさっそくパスタが運ばれてきました。
まずは「魚介のラグーパスタ」。
パスタはもっちり!アルデンテとか苦手なので生パスタは好きなんです。
お味は何だろう不思議な味。ボキャブラリーが無いのでうまく表現できないんですけど、なんぞのスパイスかハーブが効いているようで、その味一色という感じ。もっと魚介を感じたいなぁなんて思いました。

Polpo_魚介のラグーパスタ

お次は「ボンゴレビアンコ」。
しらすとあさり、大葉がトッピングされています。

Polpo_ボンゴレビアンコ

貝が入ると、ソースがいい味になりますね。箸が用意されているのも高感度。
パスタなれどズズズーっといただいちゃいます。

Polpo_ボンゴレビアンコ_リフト

最後が「ペスカトーレ」。
ムール貝うまし。プラス500円なだけあって、これが一番美味しい!

Polpo_ペスカトーレ

うんこれ、バケットにソースを付けて食べたいな~。
ランチのメニューにバケット追加してくれたら嬉しいな~。
でもパスタにバケット頼む人なんて滅多に居なさそうだから無理だな~。

Polpo_ペスカトーレ_リフト

吉祥寺で千円未満でランチが頂けるのは嬉しいですね。
夜のおつまみメニューもお手頃価格なので、ブラりと寄るには丁度いいかも。
ちょっと気になったのは、
サラダビュッフェがどこにあるのか、テーブル会計であることなど、ちょっとした案内をしていただけると嬉しいですね。
卓上のメニューを読めば分かることですが、さりげない気遣いって大事だと思うんです。
まだオープンしたばかり、これからよりよいお店になってくれることを期待してます。
この場所もプチロードの鬼門の場所ほどじゃあないですが、なかなかお店が定着しないところなので頑張ってほしいです。

polpo_装飾

 


POLPO 吉祥寺Seafood Marketイタリアン / 吉祥寺駅井の頭公園駅

CRUST

Crust_アイキャッチ用

先月末、イルカッフェがあるビルの2階にピザ屋さんがオープン。

Crust_外観

ここ第一ホテル裏付近のお店って雰囲気のいいお店が多くなりましたね。
こちらもいい感じに仕上がってます。

Crust_看板

扉をあけるとスタイリッシュな空間が広がっています。
正面奥の壁際にカウンター席があり、あとは窓際がテーブル席となっているだけなんですけど意外に広く感じます。

Crust_店内

さて、こちらも先週いったカレー屋さんと同じく自分好みにオーダーするシステムとなっています。
まずは、生地を以下の3種類から。

  • ナポリ  :ふわふわモッチリ
  • クリスピー:さくさくパリパリ
  • チーズイン:ミミの中にとろ~りチーズ

お次はベースとなるピッツアを選びます。
マルゲリータやビスマルクなどのトマトベースが10種類、バンビーナなどのチーズベースが10種類。
チーズベースを選んだ場合、チーズの種類も8種類から選べます。
最後にトッピングを。
選べるのは30種類ほど。100円~200円の追加となります。

どれを選んだらいいか迷っちゃう!
という方は、スタッフお薦めがいくつかあるのでそちらをチョイスするのもいいかも。

Crust_ボード

それにしても
ベースとなるピザ(あ、ピッツアと言わんとダメか)ですが、こんな風にいろんな呼び名があったなんて知らなんだ。
さすがに「マルゲリータ」は知ってたけど、他のはほとんど知らず・・・
まあ、メニューに絵と具材が表記されているので知らなくても全然かまわないんだけど、
ナス好きなので揚げナスの入った「メランザーネ」は覚えておこう!

Crust_スパークリング

注文後、ドリンクを戴いている間にオープンキッチンでは調理が始まっています。

Crust_生地

まんまる膨らんだ生地を伸ばしてトッピングを散りばめ釜へ。
作っているところを見るのはホンっと楽しい!じっくりガン見できるのはオープンキッチンならではですね。
撮影カモーンだったので、お言葉に甘えて動画なんぞも撮ってみました。
フレームレート60Hzで撮ったらYouTubeへのアップロードがコケてしまったので、Vimeoにアップしてみました。
ちゃんと見れるかしら・・・

焼きあがるまでしばらくかかるのかと思ったら、あっと言う間に焼き上がり。
アツアツで運ばれてきたのは、ナポリ生地のメランザーネ。
チーズに揚げ茄子とバジル。

Crust_メランゼーネ

うっ!バジル少なっ( ̄Д ̄;)!!
追加トッピングありきなのだろうか・・・と疑ってしまうほど。

Crust_メランゼーネ2

でも「CRUST」と生地ありきの店名なだけあって、ふわふわナポリ生地が美味しい!
ふわりとしているだけでなくモチモチした食感がとっても楽しいですね。
1人で1枚ちょうどいいサイズ。

お次は、クリスピー生地のビアンカネーヴェ。
チーズにルッコラとプロシュート。
チーズはゴルゴンゾーラにしてみました。

Crust_ビアンカネーベ

おう!
こちらはルッコラいっぱい!生ハムもイパーイ(≧ω≦)!!

Crust_ビアンカネーベ2

ゴルゴンゾーラにして大正解!
ルッコラのゴマのような強い香りに負けないゴルゴンゾーラの香りが相まっていい感じ。
追加トッピングにハチミツとかあったら嬉しいかも。

まだお腹に余裕があったので
デザートも頼んでみました。

Crust_クリームブリュレ

あい、定番クリームブリュレ。
キャラメルを砕きながら、とろりんカスタードクリームをパクリっ!

Crust_ティラミス

お次も定番ティラミス。
はぁ~うみゃ~!
お酒に疎いので分からんですが、マスカルポーネの下に敷いてある紹興酒のような香りのスポンジのところがめっちゃ美味いっす。

いまは丁度キャンペーン中のようで
店内で撮った写真をFaceBookやTwitter、Instagramなどに「#CRUST」のハッシュタグを付けて投稿すれば
ドリンク1杯まで無料にしてくれますよ~。

 


CRUSTイタリアン / 吉祥寺駅

Rojiura Curry SAMURAI.吉祥寺店

スープカリー侍_アイキャッチ用

27年間地元の方に愛され続けてきたフレンチレストラン「マリアージュ」の跡地にスープカレー屋さんがオープンしました。

スープカリー侍_外観

お店はカレー激戦区でも人気を誇っている「路地裏カリィ侍.」。
さむらい.とか微妙なネーミングに野暮ったいイメージを抱いていましたが、アンティーク調な雰囲気がセンスの良さを感じさせます。

スープカリー侍_看板ダンボー

訪れたのは台風10号が接近しつつある日曜のお昼どき。
店内のテーブル席はほぼ満席。空いているのは座敷と外のテラスのみ。

スープカリー侍_内観

スープカリー侍_座敷

スープカリー侍_テラス

少し待てば席が空くとのことでしたが、日差しも強くないので外でいただくことに。
着席してメニューを見てみると・・・
なんだか、いろいろ自分で選ぶシステムのようです。
最近こーいうお店が流行ってますね。優柔不断な自分にはツライところですが、好みの一品を見つける楽しみがあります。

まずはカレーの種類を選びます。

チキン、野菜、豚の角煮が軸になっています。
一番目を引くのは何と言っても「野菜20品目」でしょう。
季節ごとに届く北海道各地の契約農家の野菜を中心に選ばれし品だそうで。なかなか魅力的。

次にスープの種類を選びます。
レギュラー、マイルド、ココナッツ、マイルドココナッツの4種類。
ココナッツが入るとプラス100円となります。

そして辛さ。
0~10の段階から選びます。
0は辛みなし、1が普通、4までは無料でそれ以降1段階上がる度に50円増しとなります。

最後はライスを。
ライスなし~LL(500g)の6段階。
ここで嬉しいのはS(120g)から30円引きになり、ライスなしで80円引き。
ライスを減らしても金額据え置きのお店が多い中、最大80円も引いちゃうところがかなり良心的。

スープカリー侍_メニュー

今日は4人でランチだったので
できるだけバラエティーに注文してみんなで食べ比べしてみよう!
ということで、↓こんな感じに。ちなみにライスは全員Mサイズを。

  • チキンと一日分の野菜20種、レギュラースープ、辛さ4
  • 豚の角煮と野菜、マイルドスープ、辛さ3
  • ひき肉温玉納豆と野菜、レギュラースープ、辛さ2
  • 侍.まつり(3種)、ココナッツスープ、辛さ3

侍.まつりでは日替わり24種類の具から3つ選ぶのですが、メニューボードが店内にしかないので、店内へ店員さんと一緒に確認。

スープカリー侍_侍まつりメニュー

まーねー、迷いますよ。
チキンだって「パリパリ」or「やわらか」が選べるし、野菜も苦手なものがあれば好みのものに変更可能。
これにトッピングも16種類から追加オーダーできるので、一体何通りになるんでしょうね。
これだけの選択肢があるカレー屋さんって、そうそうないです。

で、最初に運ばれてきたのが
チキンと一日分の野菜20種、レギュラースープ。

スープカリー侍_チキンと野菜20種ダンボー

写真だとチキンがレンコンに隠れてしまっていますが、大きな骨付きチキン(パリパリをチョイス)も入っとります。
20種類だと分かっていましたが、目の当たりにすると実に具沢山!!
大きい具がゴロゴロというよりは、食べやすい大きさにカットされたものがいっぱいといった感じ。

4辛のカレーをひと口すすってみると
辛さのなかにも野菜の甘さと旨みがしっかりあり美味しっ!
どの野菜も丁寧に下ごしらえしてくれていて、どれも美味しいですね。
なかでも器からはみ出しちゃってるゴボウがいい!味が濃いです。
そして、お豆はなんと大豆でした。
レンズ豆やひよこ豆などはパッサパサしていて苦手なんですが、大豆のプリプリ、コリコリした食感がとっても楽しい。

ライスはスープカレーと一緒に食べるよう少しかために炊かれているので
カレーをバシャバシャかけていただいちゃいましょう。

スープカリー侍_ひき肉温玉納豆と野菜

納豆好きにはたまらない一品がひき肉温玉納豆と野菜。
野菜は13種類ほど入っていて、20種類のものと比べても野菜の豊富さは見劣りしません。
今回は揚げモチと温泉たまごをトッピング。トッピングはご飯に乗せるかカレーに乗せるかが決められます。
カレーと納豆意外に合うんですね。
辛さは2ですが、最近辛いものへの執着がなくなってきた自分としては丁度いい感じです。

スープカリー侍_豚角煮と野菜

角煮好きなら見逃せないのが豚角煮と野菜。
角煮は脂が落とされてしまっていて、脂の甘味LOVEな自分にとっては今回最も残念な具となりました。
スープの種類を「マイルド」としていたため、豆乳が加えられたカレーはとってもクリーミー。
辛さを4以上にしてスープ種類をマイルドにしてみると、いい感じになりそうな予感。

スープカリー侍_侍まつり3種ダンボー2

最後が「侍.まつり 3種」。
具として、豚角煮、フライドフィッシュ、温泉たまごを選んでみました。
スープの種類を「ココナッツ」にしたので、アジアンカレーっぽくて美味し!
辛さ4以上にした方がよりタイカレーのような雰囲気になるんじゃないでしょうか。

さすが北海道の小さなお店から東京進出してきただけのことはあり
雰囲気もいいし、カレーも野菜も美味しいし、なんたって自分のカレーを見つける楽しみがあり
これはもう再訪確定です。

最後に
野菜が見た目以上にたっぷりなので
少食の方はライス少な目、もしくは無しをお薦めします。

 


Rojiura Curry SAMURAI. 吉祥寺店スープカレー / 吉祥寺駅

Paella & Tapas Barta 吉祥寺

Barta_アイキャッチ用

吉祥寺では一二を争う鬼門の場所。
一体どれだけお店が入れ替わるのでしょう。
覚えているだけでも、こんな具合・・・
お茶漬けバー → らぁ麺トラットリア → らぁ麺チャコ → 琉球 はいさいBLEU → ラーメン黒琥 → 炙り焼 豚壱

で、今度はスペインバルが先月26日にオープンしました。
こちらは吉祥寺に2店舗ある「NAPOLI」などを手掛けている遠藤商事が展開するチェーン店。
実は「ラーメン黒琥」も系列店のようなので、リベンジというところでしょうか。

11:00から入店できるというところが嬉しいですね。
多くの吉祥寺にある飲食店は15:00にはランチが終わってしまうため、ランチ遅め族にはツライ環境なんです。
今日も16時あたりにノソノソとご飯へと・・・
ラーメン屋さんにでも行こうかなぁ~なんて思っていたのですが、こちらのお店を思い出してやって参りました。
店頭ではロティサリーオーブンの中でまるまる一匹の鶏がグ~るぐる。

Barta_鶏丸焼き

香ばしいかおりが辺りを包んでいます。
値段を見てみると、この丸焼きが980円と驚きのお値段!これは食べてみたいっ。
店内を覗くと、奥のテーブル席は埋まっているもののカウンターが空いていたので入店することに。
この鬼門の店舗で日曜のこの時間にお客さんがいるなんて快挙(おっとそんなこと言っては失礼・・・)です。

こちらはロティサリーチキンだけだでなく、
パエリアも売りのひとつとなっていて8種類のパエリアが全て500円!!
そのほかには、アヒージョやフリット、クロケットなどのタパスが続きます。300~400円帯が多くどれも安いですね~。

Barta_お薦め

適当に頼んでみて、まずは乾パ~イ

Barta_スパークリングワイン

最初に運ばれてきたのは、イベリコ豚のクロケット。

Barta_クロケット_イベリコ豚

バケットも一緒に付いてきましたが、これはお通しとのこと。
コロッケの中はこんな感じ。

Barta_クロケット_イベリコ豚2

蟹クリームコロッケもこんな感じ。

Barta_クロケット_カニクリーム

arta_クロケット_カニクリーム2

冷凍もので値段相応。文句なしです。
もぐもぐしていると、ロティサリーチキンの登場。
鶏一匹食べる自信がなかったのでハーフサイズ(500円)にしてみました。

Barta_鶏丸焼きハーフ

脂の乗ってる鶏肉、そしてクニャクニャの皮が大好物なのですが、
こちらの鶏はサッパリとパサパサしていて自分の好みとは真逆のテイストでした。残念・・・

最後は魚介のパエリア。
ご飯の縁に薄らオコゲができていて美味しそうです。
お好みでガーリックマヨネーズをジャンジャンかけていただきましょう。

Barta_たっぷり魚介のパエリア

こちらも冷凍もので値段相応。
これじゃあ足りん!という方のためにラージサイズ(980円)なんていうのも用意されています。
さらに飲み放題メニューもあるので、ガッツリ飲み食いしたい方には重宝しそうなお店です。

で、
最後に会計をしてレシートを見ると・・・
店名がBarca バルサとかなってますけど。

Barta_レシート

え~、バルタなのバルサなの?
と~っても気になるきになるぅ~

 


バルタ 吉祥寺0422-20-8288スペイン料理 / 吉祥寺駅井の頭公園駅

2016年8月の情報

2016年8月の店舗OPEN/CLOSE情報です。

■2016年8月

「幸せのパンケーキ 吉祥寺店」9月下旬オープン予定
レンガ館モール3F

パンケーキカフェ「gram吉祥寺店」9/16オープン。
「ダルジャン」跡地

シーフード専門イタリアン「吉祥寺 SEAFOOD MARKET」が
スープカレー「心」の跡地に9月上旬オープン予定。
御殿山1-2-1

ママズ・ワッフル(ハモニカ横丁内)
8/31 閉店

築地銀だこ ハイボール酒場 吉祥寺ハモニカ横丁店
8/31 閉店

生地、チーズ、トッピングなどを選んでオリジナルピッツァが作れる
「CRUST(クラスト)」が8/27(土)オープン
吉祥寺本町2-8-2

札幌スープカレー「路地裏カリィ侍.吉祥寺店」が8/25(木)オープン予定。
場所は7/24閉店の「マリアージュ」跡地

「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス × LAプレッツェル 吉祥寺店」
8/14(日)をもって閉店
吉祥寺本町1-2-3 ダイヤ街

パクチー専門店「パクチーファン吉祥寺店」が
「カレーは飲み物。吉祥寺店」の跡地に8/1(月)グランドオープン。
吉祥寺本町1-4-11

アニメガ 吉祥寺パルコ店 7/31閉店。

UMUYAS-YAH

UMUYAS-YAH_アイキャッチ用

沖縄料理のお店って吉祥寺に意外とありますよね。
一時期は10店舗以上ありましたが、新しく始めたお店からパタリぱたりと閉めてしまって、いまは6~7店ほどでしょうか。

こちらは末広通りにあります。
Anjir(アンジール)の手前に「UMUYAS-YAH」と書かれた看板があるので場所はすぐわかりますが、
どう見ても普通のマンションにしか見えません。ちょっと怯みます・・・
2階へあがってみると、お花が飾ってある一室があり、一応店舗らしい佇まいですが
たぶんもともとは住宅用の一室だったのでしょう。

UMUYAS-YAH_入口

扉をあけると
どの席にもソファがあり、何だかゆっくりできそう。
沖縄感は全くなくキッチンカウンターの所なんぞ近所のスナックのようで、どちらかと言うと吉祥寺っぽいユルめの空間。

店内

ちっとボロっちいところが、そう感じさせるのかも知れません。
店名の通りですね。
(「うむやす」とは伊良部方言で「安心できる」という意味らしいです・・・)

UMUYAS-YAH_店内

ランチタイム(11:30~15:00)は
ランチプレート(ドリンク付き)の他に、ソーキそばやラフテー丼などの沖縄定番料理も選べます。
もちろん、ラフテー丼をチョイス!
ドリンクはプラス250円で、温かいさんぴん茶を頂きました。

サンピン茶

このラフテーがうまい!

UMUYAS-YAH_ラフテー丼3

実は、豚好き!豚の角煮LOVE!
私のハンドルネーム「ばび蔵」の”ばび”も、実はインドネシア語で”ぶた”のことだったりして。
もうね、どのお店に行っても「豚の角煮」があれば必ず注文してしまうのです。
まあ何だか儀式みたいなもんになってます・・・
で、だいたい自分の理想とは違うんですけどね~。
自分の好みは、身の部分が柔らかく、そんなに香辛料臭くなく、そして最も重要なのが脂身がプルンプルンしているけど、歯ごたえはしっかりしていて欲しい!

そんな都合よく理想に近いお店というのはなかなかありません。

こちらのラフテーも、まあそんなに期待はしていなかったのですが
あらま~これがドンピシャ!
食べながらニヤニヤしてしまいました*・(*´∀`)・*

また食べに来たいです。
今度来たときは、ハニークリームティーを飲んでみたいですね。
隣で飲んでいるのをみて、とても美味しそうでした。

UMUYAS-YAH_花

PHAKCHI FUN 吉祥寺店

パクチーファン_アイキャッチ用

コリアンダーとか香菜(シャンツァイ)などと呼ばれていた時期はかなりマイナーな食材でしたよね。
それが今や、このパクチーをこよなく愛する人々が急増してます。
ひとクセもふたクセもあるからこそ、好きになり始めたら止まらない、それがパクチーの魅力なんでしょうね。
うちのかみさんもパクチー信者のおひとり。
吉祥寺にもパクチーを中心に扱うお店が増えてきて、とうとう専門店が出きちゃいました。

パクチーファン_絵

場所はパルコの向かいというか写真館らかんの地下、「カレーは飲み物」の跡地。
いつの間にか「カレーは飲み物」なくなっちゃって・・・結構好きだったんですが、居抜きでパクチー屋さんに。

パクチーファン_皿

2人席に通され、
メニューを見ると「パクチー火鍋」がお薦めのようです。
激辛と白湯のダブルスープにパクチーたっぷりの特製ダレを絡めていただくようです。
今日は暑かったので、ちょいと火鍋はスルーして、パクチー料理をいくつか注文することに。

まずは乾杯!

パクチーファン_ビール

かみさんはビール。
自分はジンジャーミントパクティーなる不思議なネーミングのものを。

パクチーファン_ジンジャーミントパクティー

メイソンジャーポットに入って運ばれてきました。
ジュースのようなものを予想していたのですが、どうやらアイスティーのようです。
ジンジャー感は薄く、パクチーらしきテイストのお茶でござい。
あと味スッキリして飲みやすいですね。

満席に近かったためか、
かなり待たされて運ばれてきたのが定番の生春巻き!

パクチーファン_生春巻き

ちょいと暗い店内だったためか、写真の色味で青紫系が強く出てしまっていますがご愛嬌。

パクチーファン_生春巻き2

さて、一口食べて・・・
かみさんと目を合わせ、お互い苦笑い。どうやら同じ意見の模様。
なんでしょう、フレッシュ感が全く感じられません。
そして何より、パクチーってこんな味だっけ?もっと強烈な芳香をおくれっ!

パクチーファン_パクチーサラダ

パクチーサラダも一口食べて・・・
アジアンテイストを期待していたので、ごま油を主体とした味付けに、マズイ訳じゃないけどちょっぴり残念な気持ち。
パクチー = ベトナム = ナンプラー
というような勝手な連想をしている自分がいることに気付きました。
自分らが求めている方向性とは違うテイストに何やらモヤモヤした気持ちのまま、ご飯ものが運ばれてきます。

パクチーファン_パクチー焼きそば

これ、
「パクチー焼きそば」という名称だったのですが・・・
写真をみて、どの辺がパクチーなのか想像できる方はいらっしゃいますか?
見た目も、味も一体どの辺がパクチーなんだー!と思わず叫んで(心の中で)しまいました。
目玉焼きを乗せた焼きそばやんけ~!
もしかしたら、パクチー入れ忘れたんじゃなかろうか。そんな疑問が脳裏をかすめます。
でも、
食べ終わってから気付いたのですが、テーブル横の棚の上に、ベトナム料理屋さんでよく見かける4つほどの小さな調味料入れが置いてありました。
あ、もしかして自分好みのテイストにしてね、というコンセプトなのかも知れません。

パクチーファン_海南チキンライス

最後に運ばれてきたのが「海南チキンライス」。
こちらは、焼きそばと違い、一緒に3つほど調味料というか薬味が運ばれてきました。

パクチーファン_海南チキンライス2

3つとも味見してみると、
やはり期待していたようなアジアンテイストではありませんでした。
ご飯はボソボソで自分の好みではありませんでしたが、チキンは柔らかく美味しい!!
何かスープと一緒にいただくと、より美味しくなるんじゃないかと。

こちらのお店は
パクチー食べたいけど、アジアンテイストは苦手なんだよね~という方にはお薦め。
逆にアジアLOVEな方々には辛さも合わせて物足りなく感じることでしょう。

パクチーファン 吉祥寺店アジア・エスニック(その他) / 吉祥寺駅井の頭公園駅