Bistro Passatempo

Bistro Passatempo

0%

駅から徒歩

5 min

7年ぶりに再開したランチをいただきました

ヨドバシ裏 みその通り沿い JR吉祥寺駅北口

夏野菜サンドと手打ちパスタ

2月に「軽食」という形式が終わり、ランチが始まりました。
再開といった方が正しいですね。なんと7年ぶりだそうで・・・
ならば是非行ってみたいなんて思いながらも訪れるのがこんなに遅くなってしまいました。

夏の日差しになりつつあるお昼前に訪れてみると
既にテラスでワンちゃんと一緒に食事されている方が。
こちらのお店、外はペット可だったんですね。タバコも外なら可みたい。

さっそくメニューを確認してみると
スパゲティ、カレー、サンドイッチなどがあり、1000円前後とリーズナブル。
どれにしようか悩みつつ、夏野菜サンドと手打ちパスタにしてみました。

パッサテンポ_夏野菜サンド2

先に運ばれてきたのは石神井で採れた夏野菜を焼き立てバゲットで挟んだ夏野菜サンド。
ハンバーガーを食べるときに使うペーパーに包まれています。
中をあけてみると、パンはよく見かけるバケットより焼き色が薄くやわらかそう。
そして、ズッキーニ、トマト、そして葉っぱ(すんません、何だったか忘れました)の鮮やかな色が目に飛び込んできます。
とてもボリュームがあります。ペーパーに包んだまま思い切りカブリつきましょう!

パッサテンポ_夏野菜サンド

うほっ!こりゃ美味い!
炒めた玉ねぎとパンに塗られた酸味のあるソースが食欲をかきたてます。
貪るように食べ、ふぃ~、一気に完食。
少し物足りなさそうに妻が食べ始めたパスタに目を向けると・・・

パッサテンポ_手打ちパスタ

フィットチーネのような平たい手打ちパスタ。
この日の具はイカ尽くし。カレーやスパゲティもイカでした。
その視線を感じ、少し取り分けてくれたパスタを一口。

パッサテンポ_手打ちパスタ2

もちモチとした食感が楽しい!
そして何よりイカがとんでもなく柔らかい!ゲソの部分がプルンプルン。
うみゃー!とこちらも半分以上、自分が食べてしまいました・・・毎度のことながら妻よゴメン。
お詫びにとナッツ&キャラメルタルトを追加注文。

パッサテンポ_ナッツとキャラメルのタルト

ナッツがゴロゴロといっぱい入っていて美味しい。
結局、こちらも結局半分以上、自分が食べてしまいました・・・(⌒-⌒; )
最後に驚いたのがコーヒー。

パッサテンポ_珈琲

謎の紙コップ。

なんで紙コップなんでしょう?
軽食のときは持ち帰りを基本として紙コップ提供なのかと思っていましたが
ランチでもやっぱり紙コップなんですね。
食事を終えたらコーヒー片手に退席してね・・・なんて意図だったりして( ´艸`)

2016/12/3 高森牛を使った絶品ハンバーガーとカレーライス

ランチはだいぶ前にマドレーヌ販売だけになっていたと思っていたのですが、「軽食」という形でいつの間にか再開していたことを知り、恐る恐る訪れてみました。
「おそるおそる」なんて表現を使ったのには、ちょっぴり訳があります。
仕事帰りにお店の前を通りかかると、とってもいい雰囲気のあかりが灯り窓辺で上品なマダ~ムな方々がグラスを傾けながら談笑していることが多く、なんだか自分には敷居の高いオサレなフレンチレストランという印象が強いんですよね。
店名に「ビストロ」とあるように、実際にはそんなことはなく家庭的な一面もあるお店なのですが、何だか一見さんお断りな印象が拭えず、お店を外から眺めたり、写真撮ったりするだけというのが常でした。

パッサテンポ_看板

ランチタイムも食事が出来ることを知り、これは潜入のチャンス!

パッサテンポ_外観

お昼どきを過ぎた頃に伺うと、店頭のカウンターでマドレーヌやパンを販売しています。
カウンターで食事したい旨を伝えると、メニューを出してくれました。
カレーやサンドイッチ、パスタなど思いのほか品数豊富です。
悩んだ挙句、ビストロには似つかわしい「ハンバーガー」を食べてみることに。

念願の窓際に座り、しばらくするとミネストローネと共にペーパーに包まれたハンバーガーが運ばれてきました。

パッサテンポ_ハンバーガー1

ほんわか温かくてバンズからはみ出しているお肉が食欲をそそります。
ガブリと一口!

パッサテンポ_ハンバーガー

お肉は山口県産の高森牛という入手困難なものを使用。
焼き加減さいこー!霜降りのお肉も美味しいですが、赤身の詰まったローストビーフもいいもんですね。
一気に食べてしまいました。

かなり物足りないです・・・まさに軽食。

ということで、帰り際にアンパンとマドレーヌをお土産として購入することに。
自分が食事している最中にマドレーヌを買いにくるお客さんが結構いたので、便乗してみようかと・・・( ´艸`)

パッサテンポ_アンパン陳列

アンパンを半分に割ってみると、こんな具合。

パッサテンポ_アンパン

あんこがアッサリとしていて普通に美味しい。
マドレーヌはこんな具合。

パッサテンポ_マドレーヌ

プレーンは甘めで好きな味。
マドレーヌというよりは、マフィンとかパウンドケーキといった印象です。

パッサテンポ_マドレーヌプレーン

シナモンレーズンはちょっぴり大人の香り。

パッサテンポ_マドレーヌシナモンレーズン

店頭でのマドレーヌ販売は12:00~売り切れ御免となっており、あのペースだと夕方ごろには売り切れちゃいそうでした。
さすが武蔵野プレミアムにも選ばれているだけありますね。
でも、オンライン購入に加え、スーパーなどでも販売しています。
具体的には、三浦屋(コピス店、丸井店)、千恵蔵(中道通り脇)、野方青果(サンロード沿い)です。
もし店頭で買えずとも、これら店舗で買える可能性があるので巡ってみてください。

ようやくお腹一杯になり、ふとマドレーヌを入れていた袋のなかに目をやると、なにやら紙切れが入っていました。
よくみると、

高森牛を使ったカレーライスもぜひ!

と書かれたその紙はカレーライス半額券でしたっ(≧ω≦)
こ、これは食べるしかあるまい・・・

さっそく、カレーライスをいただきに

後日カレーを戴くために、ノコノコとやって参りました。
今回は恐る恐るではなく堂々と。
そして、また足りなくなるだろうからと、サイドメニューとしてチョコパイも。

パッサテンポ_窓

今回は少し緊張も解けたようで、店内にフランス語のラジオ放送のようなものが流れていることに気付きました。
たぶん前回も流れてたんでしょうね。全く気付かなかったですが・・・
店内の様子も見る余裕が出てきました。お店のコンセプトにある通り、普段使いできる気取らない雰囲気だったことに気付きました。
それでも何でだろう・・・なんだか疎外感というか居づらい雰囲気が拭えません。
ソワソワしていると、カレーライスが運ばれてきました。

パッサテンポ_カレー

欧風カレーです。でも甘味は少なく自家製っぽいスパイシーな味わい。
肝心の高森牛は・・・
う~ん、ちょっぴり苦手な固さ。
赤身より脂身好きなので、カレーのように煮込まれてしまうとパサつきと固さが自分の好みと合わないですね。

パッサテンポ_チョコクロワッサン

ほんのり温めてくれたチョコパイ(ホントはどんな名前だったか忘れてしまいました・・・)はオイチイ~!
サクッとした外側とホンワカ温かいチョコの組み合わせはたまりませんな~。
もっと食べたいっ!という気持ちをグッとこらえて、お店をあとにしました。

 


関連ランキング:ビストロ | 吉祥寺駅井の頭公園駅

Share

Favorite

No Comments

コメントをどうぞ